国民年金 追納しない。 学生特例で免除された国民年金、追納した方がお得です!その理由は?

国民年金の追納ってしたほうが得?それとも損?

複利計算ってやつですね。 例えば、浪人・留年は考慮していません。 ねんきんネットを使うと、追納可能期間等を確認することができます。 今回の記事では 「免除された国民年金保険料は払うべきか否か?」を中心に紹介していきますよ! この記事の目次• ・2年を経過していない分は督促の対象になります。 そこで、過去の分まで支払うのは苦しいので給付金が多少減ることは諦めて今後は滞らないようにしようと思っていました。 何かしら手を打たないと、と漠然と感じている人も増えています。 年金機能強化法によって25年支払い続けなくても10年支払ってたら貰える、減額と言えど学生分は微々たるものだとか。

Next

年金の学生納付特例、追納なしでは年金額がゼロ [仕事・給与] All About

具体的には催告(郵便や電話連絡)によって納付を促し、それにも応じないで保険料を支払わない人のうち、一定の条件の人が督促の対象となります。 83歳以上まで生きる自信のある人以外は追納は考えた直した方がよいかもしれません。 学生納付特例の申請をせず「未納」になっている保険料は、2年たつと後払いできなくなります。 蛇足ながら、若年者猶予(平成17年4月から27年6月までの特例)があるため、NO4のかたは混同されてるものと思われます。 ただ、今のところ追納はしません。 前年3月~当年2月までの1年間に前年3月の未納があり要件 2 を満たさない よって、障害年金を受給できません。 老齢基礎年金を満額受給するには任意加入被保険者として65歳まで保険料を納付すればその期間分は受給額が増えます。

Next

【2020年度版】学生納付特例で免除された年金を追納すべきか計算した

また、住民税の10%ですが、住民税は1年遅れて決定されるので、実感として非常にわかりにくいです。 いくら追納すればよいのか? 追納額は対象年度によって若干異なりますが、1年の免除期間に対して約20万円と考えれば良いです。 例えば半額免除の場合、2分の1の保険料を支払ったことによって、既に全額支払ったときの4分の3の年金を確保しています。 統計を取ったわけではありませんが、10人のお客様がいた場合、7~8人が学生納付特例を利用するという結論になっているように見受けられます。 これだったら追納した方がお得そうですよね。 ちなみに。 65歳から受給して74歳まで生きれば元が取れる計算になります。

Next

年金の学生納付特例、追納なしでは年金額がゼロ [仕事・給与] All About

基本的に80以上は生きてます。 。 老後の安心はやはり年金だ• 義務でないため、追納するかしないか選択する権利があります。 たとえば、収入のない学生や就職がなかなか決まらない人などです。 毎年12月頃になると年末調整というものがあって、会社からなにやら記載するように書類を渡されると思います。

Next

学生特例免除されていた国民年金保険料を追納してみたまとめ。

年金事務所の方は「利回りの事」「会社を辞め、自営業になったりする事」「障害者になったりする事」まで考えていないかもしれませんね。 実際満額納付したときと、そうでなかったときどれくらいの差になるのでしょうか? 2011年度の基礎年金給付額は満額で年78万8,900円ですが学生時代に2年間免除を受けて追納しなかった場合の年金給付額は年74万9,500円となります。 保険料を猶予された期間の翌年度から起算して、3年度目以降に保険料を追納する場合には、加算額が上乗せされます。 25倍• 所得が低い学生は、申請をして認められることで「学生納付特例制度」を利用できます。 つまり、判断基準は自分で運用した場合に、追納した場合の約2倍を超えるリターンを稼ぎ出せるか、ということです。 (給与の収入額が162.5万以下の人)で控除額は65万。

Next

国民年金を追納するのは自分の場合得ですか損ですか?

国民年金は40年払って満額で、 65才以降年額で約79万(月額66000円)貰えます。 どのくらい税金が安くなるかは「人それぞれ」でなんとも言えませんが、「会社員」のように「給与以外に収入がない」という場合は、以下の「簡易計算機」で税額の「試算」が可能です。 年金を免除や猶予してもらったときには追納することがメリットになることがあります。 この場合、毎月の保険料と、最低でも+1ヶ月分の追納が必要になりますが、 人間は一度自分の財布に入った金を出すのは嫌になる事が多いんですよ。 追納できるのが10年というのは割と一般的に知られていると思いますが、それでは10年過ぎてしまったらどうしようもないのでしょうか? 実は別の方法もあるにはあります。

Next