異 世界 で チート 能力 を 手 に した 俺 は。 第1話

異世界でチート能力を手にした俺は、現実世界をも無双する3 ~レベルアップは人生を変えた~ (ファンタジア文庫)

なのに、扉の先には見慣れないログハウス風な部屋が広がっているのだ。 『BP』……ボーナスポイントの略。 だが、半透明の板も、俺が尻もちをつくとその状態の目線の高さまで移動している。 ……どんなに喚いても、俺の状況は変わらない。 コミックヴァルキリー• 「……もう一度、見てみるか」 そう決めて、俺は再びあの部屋に行くのだった。

Next

異世界コミック作品まとめ

第七王子に生まれたけど、何すり…• ステータスという概念が存在する異世界と、地球を行ったり来たりする話。 分厚い唇に歯並びの悪い口。 そして、バケツを大きく振りかぶり、鏡にぶつけると、鏡は呆気なく割れる。 称号【初めて異世界を訪れた者】を獲得しました』 「え?」 そこには、まるでゲームのメッセージのような物が表示されていた。 さらに言えば、この扉を盗んだとしても、俺のもとに帰ってくるという……。 VRエロゲーやってたら異世界に転…• マンガボックス• 「……本当に出てきたよ」 これで分かったが、さっきの扉を調べられたのは、この【鑑定】というスキルのおかげだろう。 次巻に期待です。

Next

異世界でチート能力を手にした俺は、現実世界をも無双する ~レベルアップは人生を変えた~ |無料試し読みなら漫画(マンガ)・電子書籍のコミックシーモア

『スキル【鑑定】を獲得しました。 「や、やっぱりどこにも繋がってないよな?」 扉を持ち、裏側を確認したりするが、俺の家の壁があるだけ。 アイテムボックスも、ゲームみたいな機能だと思えば、理解はできる。 「これなら、称号とかも調べられるか?」 ほぼ確信を抱きながらそう呟くと、案の定メッセージが出現した。 ……これ全部おじいちゃんが集めたんだよな……。 「え? は?」 意味の分からない状況に、俺の頭はパンク寸前だった。 「ここは……」 そこは、おじいちゃんが世界中を飛び回って、収集した品々が置かれている部屋だった。

Next

俺チート能力で異世界楽しむわ

ただ、読み易くなる様にか前振りがありすぎてその後の展開が予想し易くなっており、三巻にもなるとドキドキハラハラする感じが薄れてきた印象でした。 。 「これも持って帰って来たのかな……?」 この扉を? もし持って帰って来たのだとすると、どこの扉よ。 さすがに卓球の球で卓を打ち抜くのは無茶すぎて冷めた。 現代日本に住む高校生の男性が現実世界と異世界を行ったり来たりしながらストーリーが進んでいきます。

Next

異世界コミック作品まとめ

「あの部屋……だよなぁ……」 さっきは誰もいなかったが、よく考えれば不法侵入だ。 主となった者は、様々な機能を操る事が出来る。 両親にも、あの双子にも似ていない、俺の顔。 なぜ出現したのか、どうやって出現したのかは、神々さえ知らない。 それを見て、俺の中に溜まっていたものが溢れ出してきた。 「予想以上に高性能だな!? でも、お金がない俺には、どうすることもできない。 」 つまり、仮に誰かがこの場所を見つけても、その先には行けないということだ。

Next

異世界でチート能力(スキル)を手にした俺は、現実世界をも無双する ~レベルアップは人生を変えた~

【異世界人】……異世界の人。 【忍耐】……状態異常や精神干渉、または肉体的苦痛に大きな耐性を得る。 何と、扉の正体がいきなり分かったのだ。 1巻は面白かったので、5巻までまとめ買いしましたが、ものすごく後悔しました。 主人公は基本的に善人だし、貰い物の力でも、できる範囲で鍛えようとしている姿は好ましいと思う。 異世界に行ったら、スゴい能力を得て、モテモテでお金持ちに成りましたって、奇しいパワーストーンやら痩せ薬やらの宣伝みたいだが、異世界だからそれはいいと思う。 それにしても……ますます現実離れしすぎてるな。

Next

異世界でチート能力を手にした俺は、現実世界をも無双する ~レベルアップは人生を変えた~ |無料試し読みなら漫画(マンガ)・電子書籍のコミックシーモア

彼は、大好きだった祖父の家で一人暮らしをしながら高校に通っている。 異世界落語• MAGCOMI• MAGCOMI• 【初めて異世界を訪れた者】……初めて異世界へ訪れた者。 取りあえず、起き上がった俺は、一度家に戻って、扉の周りを確認した。 中には、エジプトのファラオが入っているような棺まで置いてあった。 がうがうモンスター• 容量の限界はなく、大きさも問わない。 髪が薄く、若ハゲ気味。

Next