タイピングミスが多い。 タイピング,正確,速い

タイピングのミスを克服する3つのコツ

私自身も、タイピングの練習を始めたばかりの頃、伸ばし棒に苦しめられました。 またその必要もなかったというのです。 「i」と「k」はどちらも右手の中指を使うため、連続して同じ指を使うことになります。 タイピングが速い人の特徴をよく見てみたら、キーピッチが狭いキーボードを使っていました。 例えば、「si」「shi」「ci」のいずれを入力した場合でも「し」となります。 しかし、「いか」は「ica」と打つこともでき、この場合、全て違う指で打つことができます。

Next

タッチタイピングでミスを減らしたいです。どうすればいいのでしょうか?

タイピングを覚えている人でも、正しく指の配置ができていない人が多いです。 に apa より• これなら座り仕事の負荷とも無縁ですし、椅子のコストはゼロですよ。 に より• だけど、ミスは、その後のアフィリエイト作業に大きな影響を及ぼすことになります。 同じ指を連続で使わないようにする 「いか」と打つ場合「ika」というように打つ人が多いと思います。 それではもう一度、 それぞれの指の動きを確認しましょう。 一方で、実行力があり、まずは実行していくことで物事を切り開いていくような人ですから、新たな領域を広げる推進力となってくれます。

Next

隅野 貴裕・直伝!タイピングのコツ ~速く正確に打つ~
ミスなく打数を増やすには(2)

辞書登録を使う• 「任意(にんい)」のように、 「ん」の次が母音であれば、「ninni」と 「n」を2回入力する必要があります。 なので、ひたすらに打つべし打つべし。 あわせて読みたい. このように、伸ばし棒はタイピングしづらいキーです。 わざわざ3文字で入力しても時間がかかるだけで、良いことはありません。 時間の余裕、心の余裕があるほど、ケアレスミスは少なくなるものです。

Next

【設定で解決】タイピングミスが多くても気にするな!原因を探るな!病気でもない!

「-」集中タイピング 伸ばし棒が入った単語だけを練習することができるサイトです。 」 と表示が出ます。 場当たり的に仕事をする人は、今目の前にある仕事を優先度や前後の影響などを配慮せず、準備もそこそこに手を付けてしまうようです。 大昔から人間の日常は、粗野な仕事も細かい仕事もその3本の連携で作業をしてきたので、「その他の3本」の指が独立して動かすことはなかった。 すぐに修正することで入力時間の短縮になりますよ。

Next

隅野 貴裕・直伝!タイピングのコツ ~速く正確に打つ~
ミスなく打数を増やすには(2)

コツを知って練習するのと知らないで練習するのでは、タイピングの上達速度が大きく変わります。 このポジションに指を戻すことで、自分の指がどこにあるのかを把握できます。 これを参考に、仕事でよくケアレスミスをしてしまう人などはなくすように行動していきましょう。 因みに、1タイプミスに対して3文字減といった基準になります。 個人的にお勧めなのは、ノートパソコン、タブレット、スマホ、いずれのデバイスにも使えるBluetoothタイプのキーボード 「ロジクール Logicool Bluetoothワイヤレスキーボード K380BK」です。

Next

タイピング速度を劇的に向上させるとっておきの方法 : seniorcarefranchiseinfo.org

仮に150回分、Back Spaceキーを押しているとして、 そのBack Spaceのタイピングで1秒ロスしていると仮定すると・・・ 150秒を無駄にしている。 大昔から人間の日常は、粗野な仕事も細かい仕事もその3本の連携で作業をしてきたので、「その他の3本」の指が独立して動かすことはなかった。 ミスタイプの修正は何気ない動作ですが、これが馬鹿にならないコストだったんですね。 そして、ミスタイピングも・・・ 減ったように思います・・・(笑) でも、これだけだと手首が痛くなってきたので、 これも購入。 もちろん、他の人がしたミスを書き留めておくのもケアレスミスをなくすためには効果的です。 次に、中指を対象にして同じことをやります。 できるだけ。

Next

最近ミスタイプが増えたのですが・・・原因はなぜですか?

肘の角度は90度以上• 「速さ」は正確さがあってこそです。 その後いくつかのタイピングソフトで計測してみたところ、 ミスタイプ時代に比べて2倍近くの入力速度に上がっていました。 キーボードを見ないでゆっくり打つ キーボードを見ないで打てるようになれば、あとは練習あるのみで、毎日練習するとすぐに上達して自然とスピードアップしますよ。 誤字を修正してくれる機能があるIMEを使うのも一つの手です。 意識だけ手元にいっているイメージでしょうか。 1.右腕を、床に対して水平に前方に出します。

Next