コントラ スピリッツ。 【魂斗羅 アニバーサリーコレクション】感想と一部作品の隠しコマンド

【魂斗羅 アニバーサリーコレクション】感想と一部作品の隠しコマンド

魂斗羅スピリッツ [ ]• 現代が舞台となっている他、定番の敵であるエイリアンも登場しないなど、他のシリーズと雰囲気が異なる作品である。 だが本作では、ザコにはホーミングやスプレッド、ボスなど耐久力のある敵にはクラッシュやレーザー、障害物の向こうの敵にはファイヤー、といった具合に使い分けが可能になったのだ。 蒸溜酒を簡単にいえば、醸造酒 発酵液 を熱して沸点の違いを利用して水よりも低い沸点のアルコールを気化させ、さらにそれを冷却して液化させ、もとの発酵液よりもアルコール濃度 度数 の高い液体 スピリッツ となったものである。 多彩なスクロール 縦・横・3Dなど面によってスクロール形式が大きく異なりそれぞれに応じたボスキャラクターが登場する。 ステージ4 前半はエアバイクに乗り高速走行しながらの戦闘で、大勢のヘルライダースと闘ったのち高速戦車ブービー号が出現する。 「魂斗羅 アニバーサリーコレクション」の感想と一部作品で使用できる隠しコマンドについてです。

Next

【楽天市場】SFC 魂斗羅スピリッツ(コントラスピリッツ) (ソフトのみ)【中古】:ゲームス レトロゲーム館

それから半年後、エイリアンに占拠され、荒廃した都市に伝説の戦士、ビルとランスが現れた……。 その為、魂斗羅史上最のというが多い。 2011年に中国で業務用として稼働していた第1作アーケード版のリメイクをスマートフォン用に移植したもの。 ヨーロッパでは蒸溜技術を活用しはじめた11世紀頃から、スピリッツは医薬効果があると考えられていた。 シーナの断末魔が聞こえれば入力成功。 現れる中ボス達は天王鬼竜神ジャバ、初代『魂斗羅』の最終ボスだった天王創魔心ゴメラモスキング、版『SUPER魂斗羅』の最終ボスの陰獣キムコウ、メタルエイリアン、アーケード版『SUPER魂斗羅』の最終ボスの天王鬼ギャバの順。

Next

魂斗羅裏技一覧(魂斗羅伝説)

的な特徴としてはが増えた分出来ることが多くなり、2丁のの所持(1つで切り替え可で使用していないはやられた時も失わない)、の度固定などが出来るようになった。 ライフル Rifle 『魂斗羅』における基本武器。 例えばステージ1の途中、突然空の彼方から爆撃機が飛来し、ナパーム弾を投下する。 HARDのアントヘル戦では必須のテクニック。 ホーミングガン Homing Gun 弾が敵を追尾する銃。 また、キャラ30人のコマンドを入力してリセットを押し、 ステージセレクトのコマンドを入力すると、2つの技を同時に使うことができる。

Next

【魂斗羅 アニバーサリーコレクション】感想と一部作品の隠しコマンド

今までのように、ただ地面の上で走ったり撃ったりするだけでなく、より立体的な戦闘が表現されている。 Hard Corps: Uprisingより BAHT 率いるに所属していただったが、罪のい人々を殺す事に嫌気が刺し離反。 ちなみに、とは「過( )」ではなく、「タフな部隊( )」の意。 一定のフィールド内を自由に移動することができ、さらにL、Rボタンで左右旋回すると、何と自機でなく背景全体が回転してしまうのだ。 2人同時プレイは削除。

Next

魂斗羅シリーズ

追加キャラのTSUGU-MIN、PLISSKENはいずれも本編で登場するキャラ。 度重なる「魂斗羅」との戦いに敗れたエイリアンは、ついにその総力をかけた大規模な侵略攻撃を開始した。 またこれまでと違い、アウトになっても失うのは使用していた方の銃だけなので、死んだらすぐもう一方の銃に切り替えて復活することもできる。 リヴィ ので、のかつての親友。 『真』と『ネオ』のファイアーウィップはこちらに近い。

Next

【楽天市場】SFC 魂斗羅スピリッツ(コントラスピリッツ) (ソフトのみ)【中古】:ゲームス レトロゲーム館

『』 - 『ネオコントラ』の主人公の1人、ジャグワァが隠しキャラクターとして登場。 デザイナー:渡邉武晴、いなおひとし• 縦スクロールは初代には無く、『スーパー魂斗羅』及び版『コントラ』にある。 ステージ5 切り立った断崖を舞台にしたトップビューステージで、足元の流砂によって勝手に位置や向きをずらされてしまう。 4機種で配信されているうちのSwitch版をプレイしたので、記事内のボタン名称はJoy-Conのものになります。 全ての武器が手に入る。 ランス・ビーン Lance Bean 声:(魂斗羅3D) 『スピリッツ』までは、連続して2Pプレイヤーとして登場したビルの戦友。 実際には大幅に下がっており、2版は「最も簡単な魂斗羅」と呼ばれている。

Next

魂斗羅スピリッツ

ではなくであり、それ相応のを保っている模様。 「16ビットCPU」、「ハードウェアによる回転・拡大・縮小機能」、「PCM音源」等々、ファミコンをはるかに凌ぐ高スペック。 『Hard Corps: Uprising』のほうではチャージをする事で斬撃波を飛ばす事が可能で、唯一の遠距離攻撃手段となる。 ただし、クレジットが減ったときと、新しくタイトル画面を見ると元に戻る。 (ただし版) では "Contra 4" と、に続くのでも知られる。 なお、こちらはサ版はく版のみ。

Next

『魂斗羅 アニバーサリーコレクション』全収録タイトル公開―初移植となる『ザ・ハードコア』含む10作品!

『』 - 魂斗羅スピリッツを制作したスタッフが独立した企業の処女作。 なお、国内版のみ魂斗羅のスペルが「 CONTRA」ではなく「 KONTORA」となっている。 現在ではソフトの入手が難しいものや、一部タイトルの北米・欧州版が収録されているので、それらをまとめてプレイすることができる豪華なラインナップに感じました。 a cte開発。 ス地区出身でのだったが、魂斗羅部隊のド班長に拾われ、の訓練を受けて、魂斗羅に入る。 右…右に回転。

Next